家電やエアコン工事・引越に伴うエアコン設置なら家電テクニカルサービスへお任せ下さい。

エアコン工事・家電工事の専門店

家電テクニカルサービス

エアコン豆知識

エアコンには、運転時空気中のホコリを取り除くフィルターが付いているのはご存知と思いますが、
このフィルターが目詰まりを起こすと冷房・暖房の機能低下やランニングコスト(電気代)が高くつく事につながります。
生活の必需品となるエアコンも定期的にメンテナンスすることで、
カビや臭いの発生を遅らせることが可能です。
と言う事でエアコンフィルターのお手入れ方法をご紹介させて頂きたいと思います。


まずはエアコンのスイッチを切り、ファンの停止とルーバー(噴出し口の風向板)が閉じるまでしばらく待ちます。
エアコンはリモコンでスイッチを切ってからも停止動作に時間がかかる場合があります。最近のエアコンに多いのですが、グリル(吸い込み口)がモーターで稼動式になっている商品もあります。
その場合は特に時間がかかり危険ですので、必ずエアコンが停止してからお手入れを行ってください。
エアコンの停止が確認できればエアコンのコンセントを抜いてください。
  

コンセントを抜き終えたらいよいよエアコンのフィルターを取外します。
エアコンのグリル下部両サイドに手を掛けて上に開く仕組みになっています。
このとき、グリルの爪を折ってしまうことがありますのでご注意下さい。
今回は、一般的なタイプの説明です。
フィルターの取外方法はエアコンによってさまざまですので詳しくは、取り扱い説明書でご確認下さい。
  

掃除機を使ってホコリを吸い取ります。
フィルターには表(正面側)と裏(熱交換器側)がありますが必ず表側からホコリを吸い取って下さい。裏側から吸い込むとフィルター越にホコリを吸い込む事になるので作業が困難です。
  

次に水洗いです。
油など汚れがひどい場合は、台所用合成洗剤(中性)で洗浄することも可能です。
簡単に水洗いしたフィルターに洗剤を吹き付けます。
しばらく待った後裏面よりブラシなどでやさしく泡を立てるように洗浄してください。
  

洗剤を使用した場合は十分にすすぎ作業を行ってください。この時裏から表に向かってたっぷり水を流してすすいでください。
  

洗浄後のフィルターは日陰で十分に乾燥させてください。
濡れたままエアコンに取付するとカビなどの発生原因になります。
  

乾燥が終わるとフィルターをエアコンに取付けて完了です。
エアコンは運転中は常にお部屋の中のハウスダスト(ダニ、カビ、花粉、タバコのヤニなど)を吸い込んでいます。冷房や暖房のシーズン中には2週間に1度程度のフィルター洗浄をおすすめします。こまめに取外して掃除機で吸い取るだけでも冷房・暖房の効果はかなり違いますよ。
  

そもそもエアコンはなぜ冷えたり・温まったりするの?
エアコンって夏の暑い日でもスイッチを入れるとすぐに冷たい風が出てきますが、不思議ですよね。
エアコンの中で何が起こっているのでしょうか? 
エアコンの仕組みについてご紹介させて頂きます。


エアコンをつけると何故お部屋が涼しくなるのか。

じつはエアコンはお部屋の空気を冷やすのではなく、お部屋の空気から熱だけを奪って外に追い出しているのです。
エアコンをつけるとお部屋の空気から熱をどんどん奪うので涼しくなるのです。
皆さんは夏の暑い日に打ち水をされた経験は有りますでしょうか、これって一時的に周囲が涼しく感じますが、これは水が蒸発する際に周囲の熱を吸収して気化するからなのです。
このときの熱のことを気化熱といいます。
エアコンはこの気化熱のやり取りの原理を利用しているのです。
 

エアコンはどうやってお部屋の熱を奪うのか。

エアコンには室内機と室外機があり、それぞれは冷媒配管でつながっています。
冷媒配管を通じて熱を移動します、いわば熱の通り道です。
エアコンには冷媒(フロンガスR410A・R22)が入っているのは皆さんご存知と思いますが、この冷媒が冷媒配管を通って室内機から室外機へと熱を運んでくれます。
エアコンの室内機と室外機にはそれぞれ熱交換器という部品が入っていて、そこで冷媒に熱を吸収させたり放出させたりしています。
エアコンは以上の作業を繰り返して徐々にお部屋の空気を冷やして行きます。
  

真空引きとはエアコンの冷媒配管内の空気を吸い出し真空状態にする作業です。


エアコンを取付ける際にナゼ真空引きが必要なのでしょうか?

エアコンを取付けた際,接続した冷媒配管の内部には空気が入っています。
空気の中には水分が含まれており,この水分がエアコンはとても苦手なのです。
エアコンの中では冷媒がとても冷たくなりますが、冷媒内に水分が含まれているとその水分が氷になったり、冷凍機油に混ざり不純物が発生します。
エアコンの中には大小様々な冷媒配管が通っていますが、中でも直径数ミリの冷媒配管も有り、氷となった水分や不純物はそこに詰まってしまったり、機器内部を傷つけてしまいます。
真空引きをすると冷媒配管内の気圧が下がり水分が蒸発しますこれにより、冷媒配管内の水分を取り除きます。
真空引きを完了し室外機内の冷媒を開放します。冷媒配管内が冷媒で満たされます。
以上真空引きは、冷媒配管内の水分を除去する為に必要な作業なのです。

真空ポンプには色々なタイプが有ります。


電動モーター式真空ポンプ

最も一般的な真空ポンプ 使用するには電源の確保が必要です。

手動ポンプ式真空ポンプ

人力の為電源不要、自転車の空気入れの要領で空気を吸い出します。

簡易式真空ポンプ

充電ドライバーに接続してポンプを動かします。
とてもコンパクトで作業場所を選びません。

エアコン工事・家電工事の専門店

家電テクニカルサービス